ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽情報ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目するブログです。

欅坂オンラインライブレポ~KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!~

f:id:choochoo0814:20200720074740j:image

欅坂が初のオンラインライブを実施した。そして、そこで改名発表もあった。

それらの感想を語っていく。

一言で言うと、無観客を活かしてステージを広く使った素晴らしいライブでした。

 

 

 

0.Overture


1.太陽は見上げる人を選ばない

欅坂のメンバー全員によるパフォーマンスでした。今思うとこの曲の歌詞と改名への想いは繋がっているように感じました。


MC

ここでMC。初のオンラインライブへの想いを語っていました。


2.エキセントリック(C:土生ちゃん)

トラックに追いかけられる演出の後に、トラックや車に囲まれたステージでパフォーマンスをした。

平手さんがいないからドス黒い低音の声が聞けないかなと思っていましたが、個人的に松平さんの声が良かったです。

 


3.東京タワーはどこから見える?(C:森田ひかるちゃん)

東京タワーの背景をバックに鉄筋のステージでパフォーマンスをしていました。

 
4.Student Dance(C:森田ひかるちゃん)

教室のようなステージで各メンバーが様々なパフォーマンスをしていました。

客席がない分ステージを広く使ったパフォーマンスが素晴らしかった。


5.Nobody(C:ゆいぽん)

小林由依さんがセンターを務めるたびにパフォーマンスの素晴らしさに感動するんですが、今回も素晴らしかったです。


6.アンビバレント(C:みぃちゃん)

小池さんセンターは初めて見たのですが、かなり素晴らしかったです。

あのパフォーマンスリョクの高さはもっと多くの人に知ってもらいたいです。


換気タイム、MC、インタラクティブタイム、新2期生自己紹介

ここで唐突に換気タイムが入り、MCへ。

新二期生の自己紹介では守屋麗奈さんがまとめ役になっていました。グッズ紹介でも登場しましたし運営は新二期生の中では守屋麗奈さんを推していきたいのかなと思いました。

 


7.大人は信じてくれない(C:天ちゃん)

天ちゃんセンターのパフォーマンスは素晴らしかったです。

若くて、このパフォーマンスは平手さんを思い出させるパフォーマンスでした。

 

8.避雷針(C:理佐)

理佐センターの避雷針は初めてではないでしょうか。走る理佐を受け止めていたのは、まさかのゆっかーでした。

この曲の雰囲気は昔から好きなんですよね。もうすぐ聞けなくなるのは本当に寂しいです。


9.風に吹かれても(C:ゆいぽん)

ゆいぽんセンターは風に吹かれてもは、センター慣れしていることもあって安定感は凄かったです。


10.ガラスを割れ!(C:ゆいぽん)

ゆいぽんセンターのガラスを割れ!はステージを広く使って、すごくカッコ良かったです。紅白のガラスを割れ!の時もカッコ良かったですが、今回も素晴らしかったです。

やはり、ゆいぽんはセンターはなかなか似合いますね。

 

 

改名発表

ガラスを割れの披露後激しく息切れしながらゆっかーから欅坂がこの5年間の歴史に幕を閉じること。そして、新しいグループ名に生まれ変わることの発表がありました。

メンバーのほとんどが泣いていて凄まじい決意の元に決められたことが分かりました。

そしてゆっかーの話の中で、メンバーの卒業が相次いだこと、欅坂の名前が一人歩きしたこと、好きだからこそ考えれば考えるほど辛くなること、そして大切にしていたものを一度手放すことでそこを新しく埋めることでまた歩き出せるようなことを話していました。

改名発表を聞いた時は最初は受け入れられない気持ちでしたが、徐々に改名の選択は正しいと思えるようになった。

今の欅坂は良くも悪くも平手のイメージが強すぎて、そして相次ぐ卒業で世間のイメージも良くないかもしれない。

それらの壁を今のままで乗り越えるのは難しいし、現状より更に悪い方向に進むかもしれない。

そう考えると改名は正しい選択だと思えるようになりました。

欅坂を守りたい、欅坂を日本一のアイドルにしたいと言っていたゆっかーを思うと胸が苦しくなるが、メンバー全員が前を向いています。

私はそれを信じて、これからも応援していく。


11.誰がその鐘を鳴らすのか?(C:ゆいぽん)

ここで新曲の初披露。センターはゆいぽんのように見えたけど、場面によってセンターが入れ替わっていたので明確にはセンターなしかも。

この曲は最初のゆいぽんのポエムの部分がまずいいですね!ここで、一気に曲に引き込まれます。

後はサビの後半のキレキレダンスは揃っていてかっこいいです。

しかし、改名発表直後だからか泣きながらパフォーマンスをしていたメンバーもちらほらいました。

でも、ラストシングルとしては相応しい素晴らしい曲でした!

 

 

 以上です。

改名発表をされた時はすごく寂しい気持ちになりましたが、メンバーの皆さんのブログでの発言を見ていると受け入れて前を向いているので、私も改名について前向きに考え、これからどんな名前に変わろうと応援していきます。

ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画に欅坂46のメンバーが登場!

f:id:choochoo0814:20200517220355p:plain

ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画がある。その企画に欅坂46の渡邊理佐と田村保乃が登場した。

この企画は自粛中の自宅で聞いていたい自分の音楽のプレイリストを紹介する企画である。

 

www.billboard-japan.com

www.billboard-japan.com

 

そこで私も#stayhome プレイリスト企画を考えてみました。

ちなみに今回のプレイリストは、前回選んだ曲は除いている。

www.mousemusicblog.com

 

プレイリストの内容 

プレイリストは以下の通りになる。

1.コブクロ「君という名の翼」

www.youtube.com

2.[Alexandros]「ワタリドリ」

www.youtube.com

3.SHISHAMO「君と夏フェス」

www.youtube.com

4.ヤバイTシャツ屋さん「あつまれ!パーティーピーポー」

www.youtube.com

5.WANIMA「ともに」

www.youtube.com


6.UVERworld「PRAYING RUN」

www.youtube.com

7.back number「高嶺の花子さん」

www.youtube.com

8.ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」

www.youtube.com

9.水樹奈々「深愛」

www.youtube.com

10.あいみょん「生きていたいんだよな」

www.youtube.com

11.欅坂46「避雷針」

www.youtube.com

12.AquaTimez「決意の朝に」

www.youtube.com

13.スピッツ「僕はきっと旅に出る」

www.youtube.com

14.高橋優「明日はきっといい日になる」

www.youtube.com

15.高橋優「福笑い」

www.youtube.com

 

このプレイリストの解説

まず、1曲目と2曲目は思い出がつまった曲を選曲した。

1曲目のコブクロの君という名の翼は、私が人生で初めて買ったCDに

収録されていた曲である。この曲は私の音楽の原点でもあり、ぜひ一番最初に聞いてもらいたい曲だ。

 

2曲目の[Alexandros]のワタリドリも思い出に残っている曲だ。初めて行ったロッキンで一番印象に残っているのは[Alexandros]のワタリドリである。

今までワタリドリをCDで聞いた時は何とも思わなかったが、ロッキンの会場でワタリドリを聞いた時は違った。こんなにも素晴らしい曲があるんだと。言葉では言い表せないが、ロッキンの会場で聞いたワタリドリをそれほど感動したのだ。

夏フェスで聞いた中で一番印象に残っているという意味で2曲目に選曲した。

 

3曲目~7曲目は夏フェスで聞いたら間違いなくテンションの上がる曲を選曲した。

君と夏フェスは好きな人と夏フェスに行くドキドキ感を表している。ヤバT、WANIMAは今となってはフェス定番バンドとしてなっています。UVERworldのPRAYING RUNはメッセージ性のある歌詞に加え、フェス会場でファンの方と「そんなのやって確かめりゃいいだろう」ということを叫ぶ楽しさがある。そして高嶺の花子さんもフェスで大盛り上がりする曲である。

 

8曲目~11曲目は家でじっくりと聞きたい曲を選曲した。

だから僕は音楽を辞めたも深愛も生きていたいんだよなも避雷針もメッセージ性が高い為家でじっくりと聞いていたい。

 

12曲目~14曲目は今だからこそ励まされる歌詞の曲を選曲した。

決意の朝にの「辛いとき辛いと言えたらいいのにな」という歌詞はまさにそうだと思わさせらる曲である。「僕はきっと旅に出る」は自粛で外出できない今だからこそ、この曲を聞いていたいものである。「明日きっといい日になる」は自粛で未来が何も見えない今だからこそ聞いていたい曲である。

 

最後の曲は高橋優の「福笑い」を選曲した。

これは世界中で苦しんでいる今だからこそ「きっと世界中の共通言語は英語じゃなくて笑顔」というフレーズを聞きたいからである。

この曲は、まさに最後の曲にふさわしいと思う。

 

以上となる。

自粛期間の今だからこそ、たまには自宅でじっくりと音楽を聞くのもいいかもしれません。

 

私の#stayhome プレイリスト

1.コブクロ「君という名の翼」

2.[Alexandros]「ワタリドリ」

3.SHISHAMO「君と夏フェス」

4.ヤバイTシャツ屋さん「あつまれ!パーティーピーポー」

5.WANIMA「ともに」

6.UVERworld「PRAYING RUN」

7.back number「高嶺の花子さん」

8.ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」

9.水樹奈々「深愛」

10.あいみょん「生きていたいんだよな」

11.欅坂46「避雷針」

12.Aqua Timez「決意の朝に」

13.スピッツ「僕はきっと旅に出る」

14.高橋優「明日はきっといい日になる」

15.高橋優「福笑い」

自粛が終わったら行きたいライブ

f:id:choochoo0814:20200512215019j:plain

現在コロナによる自粛でライブは

 

 

欅坂46

f:id:choochoo0814:20200512215715j:plain

当ブログで何回も記事に出ているが、意外と行ったことのないアーティストの一つ。

ライブ円盤でライブパフォーマンスを見て、ぜひ生で見てみたいという気持ちが強くなった。

特にエキセントリックと避雷針は見たい。

また平手脱退後の欅坂はどのように生まれ変わっているかも気になるところだ。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION

f:id:choochoo0814:20200512215736j:plain

アジカンも昔から好きだが実は一度もライブに行ったことはない。

ソラニンやリライトといった名曲をぜひライブで生で聞いてみたい。

 

東京初期衝動

f:id:choochoo0814:20200512215811j:plain

最近注目しているバンドの一つ。youtubeでしかライブパフォーマンスを見たことないが素晴らしかった。

ぜひ生で見てみたいとも思えるバンドだ。

 

サンボマスター

f:id:choochoo0814:20200512215843j:plain

熱いMCをすることで知られるバンドの一つ。

ライブ自粛でずっと我慢をしてきたからこそ胸に響く言葉をたくさん浴びせてくれると思う。

ぜひライブに行きたい。

 

高橋優

f:id:choochoo0814:20200514223956j:plain

実は昔から好きなアーティストの一つ。今のような環境だからこそ余計に「福笑い」や「明日はきっといい日になる」に響くものがある。

ぜひともライブでそれらの曲を聞きたい。

 

 

AKB48(峯岸みなみ卒業ライブ)

f:id:choochoo0814:20200512215907j:plain

私はAKBでも今後開催されるであろう峯岸みなみさんの卒業ライブには行きたいと思っている。

それは実は、学生の頃峯岸みなみさんのファンであったからだ。

最後の晴れ姿を見て卒業を見送りたい。

 

 

以上です。

ライブが再開する日を願って過ごしていきたいと思う。

 

MTVにて坂道シリーズの#AloneTogetherPlaylistが公開中

MTVのホームページで#AloneTogetherPlaylistが順次公開されている。その中で先日は坂道シリーズの各メンバーのプレイリストが公開された。

メンバーと年が近いこともあり個人的にかなり共感できる曲が多かった。そこで今回は私個人的に自宅で聞いてほしい曲を紹介する。

 

www.mtvjapan.com

 

www.mtvjapan.com

 

www.mtvjapan.com

 

私個人の#AloneTogetherPlaylist

SISTER/back number

まずback numberのSISTER。切ないイントロと前向きな歌詞が特徴であるこの曲。この部分ももちろん素晴らしいが、私個人がおすすめするのはback numberにおいてこの曲は高値の花子さん、スーパースターになったらと並ぶライブ定番曲であるからだ。back numberファンならイントロでの清水依与吏さんの「ジャンプ―」という掛け声が聞こえるはずだ。またライブが普通に行ける日を願って私はこの曲を聞く。

 

www.youtube.com

 

望遠のマーチ/BUMP OF CHIKEN

この曲もBUMPらしい応援歌。「心はいつだって止まれないで歌っている」という歌詞が個人的に好きである。日常に戻れるように今日もBUMPの曲を聞いていく。

www.youtube.com

 

刹那/GReeeeN

今現在でも普段のありふれた日常がどれだけ素晴らしいことかを実感している中だが、この曲はそんな日常のすばらしさを歌っているようにも感じた。そんな曲。

www.youtube.com

 

ワタリドリ/[Alexandros]

Alexandrosのライブ定番曲。この曲を聞くたびにロッキンに初めて行った時を思い出す。ライブに行ける日常がくることを願います。

www.youtube.com

 

StaRt/Mrs.GREENAPPLE

ミセスのレビュー曲だが、この曲は今聞くと余計に心に響く。「幸せな時間をどれだげ過ごせるかは微々たるものでも愛に気付けるかだ」という歌詞は素晴らしいと今だから余計に感じる。

自粛期間でやれることは少ないが、でも家の中でも幸せに過ごそうと思えば出来るし、今の世の中でも幸せに過ごそうと思えば出来る。

そんなことを教えてくれる一曲。

www.youtube.com

 

Laugh away/YUI

日向坂の河田陽菜さんも挙げていたが、この曲は本当に前向きになることが出来る。YUIが「そう笑っていつも笑って」と歌うようにいつまでも笑っていたいものである。

www.youtube.com

 

まとめ

以上、私個人がおすすめする6曲を紹介した。MTVのホームページで各アーティストが#AloneTogetherPlaylistを公開しているため、そこで新たな曲を見つけて”おうち時間”を過ごすのもいかがでしょうか。

 

関連記事

www.mousemusicblog.com

3月9日になったので個人的に好きな卒業ソング6選を紹介してみる

f:id:choochoo0814:20200229215653j:plain

3月9日になりましたね。3月9日といえばレミオロメンの「3月9日」という卒業ソングがあり毎年3月9日になったら聞いています。

コロナの影響で卒業式がなくなった学校が多いとはいえ卒業シーズンです。

今回は個人的に好きな卒業ソングを6選紹介していきます。

 

 

 

3月9日/レミオロメン

f:id:choochoo0814:20200229215653j:plain

 卒業ソングの代名詞ともいえるレミオロメンの3月9日。最初の「流れる季節の~」を聞いただけで自然と胸がじーんときます。

歌詞から自然と3月の情景が浮かぶこの曲は間違いなくずっと語りつがれる卒業ソングの名曲といえるでしょう。

 

www.youtube.com

桜/コブクロ

f:id:choochoo0814:20200301152500j:plain

桜の曲といえば森山直太朗の桜とこのコブクロの桜ではないでしょうか。個人的に私の卒業式で流れたのはこちらの桜ためかなり強い印象が残っています。

コブクロの桜は聞くと自然と優しい気持ちになれます。そして不思議と切ない気持ちになります。この曲は思い出補正が強い為か聞くたびに小学生の卒業の頃に戻った気分になります。

コブクロの桜は今もずっと卒業シーズンになるたびに聞きたくなる曲です。

ちなみに歌詞も素晴らしく個人的に以下の歌詞がすごく好きです。

桜の花びら散るたびに

届かぬ想いがまた一つ

涙と笑顔に消されていく

そしてまた大人になった

 人は傷つくことで大人になっていく。それを桜の美しい風景にのせて歌うコブクロは素晴らしいです。

 

www.youtube.com

桜color/GReeeeN

f:id:choochoo0814:20200301153233j:plain

GReeeeNの桜colorもかなり好きです。あまり知名度がなく知っている人はかなり少ない気がしますが私はかなりの名曲だと思いますし、そしてこの曲には思い出が詰まっています。

まずPVが素晴らしいです。京王線にある上北沢の桜が舞台ですがそこがまたセンスがとてもいいです。そしてその桜の中で新たな道を進もうとする若者3人すべてが輝いていて素晴らしいです。

そしてこの曲は大学卒業時に友人に会いに行ったときに車の中で聞いた曲です。その友人は残念ながら様々な事情があって卒業をすることは出来なくずっと車の中で泣いていました。その時にこの曲が車で流れていました。それが印象的でこの曲を聞くたびに大学卒業時のあの出来事がよみがえります。

この曲を聞くたびに頑張ろうと思えるそんな曲です。

 

www.youtube.com

GIVE ME FIVE !/AKB48

f:id:choochoo0814:20200301153658j:plain

 AKB48には"10年桜"や"前しか向かねえ"をはじめ、アップテンポな曲調と裏腹に切ない歌詞になっている卒業ソングが多いです。

その中で私は個人的に「GIVE ME FIVE!」が一番好きです。

何が好きって歌詞がとても素晴らしく前向きな気分にさせてくれます。

「卒業は出口ではなく入り口」

この言葉にすごく胸に刺さりますし大人になった今だからこそ気付かされることがたくさんあります。

また以下の歌詞も好きです。

涙こらえるより生まれてから一番泣いてみよう

そう辛いことはまだまだある慣れておこうぜ

 この曲は全体的に前向きな歌詞がすごく多いですが、それをこの歌詞が一番象徴していると思います。

別れは悲しいけどこれからの人生はまだまだ辛いことがあるからいっそ今のうちに泣いていこうぜというノリは好きです。

時々ふと聞きたくなるときがくる曲です。

 

www.youtube.com

春になったら/miwa

f:id:choochoo0814:20200301153718j:plain 

miwaの春になったらは卒業ソングというよりは受験応援ソングに近いかもしれません。

しかしこの曲も卒業ソングとして解釈しても素晴らしい曲となっています。

”大丈夫大丈夫きっとうまくいくはずだって”という歌詞。大丈夫という言葉はもはや使い古された言葉になっているかもしれませんが不思議とこの曲で聞いたらそんな気分にさせないです。

なんでもかんでも思い通りにいかなくて

悩みだって増えるけど

窓を開けたら少しは気分変わるかな

 受験生ならではの不安を歌ってくれるmiwa。この曲は高校生の気分を思い出させてくれます。イントロといい懐かしい気分にさせてくれ実家に帰るときはだいたいこの曲を聞いて懐かしい気持ちになって帰ったりもしています。

 

www.youtube.com

ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION 

f:id:choochoo0814:20200301153735j:plain

この曲も卒業ソングではないです。しかし別れの曲のため卒業ソングとして解釈することは出来ます。

イントロからとても切ない気分にさせてくれかなりの名曲だと私は思います。

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする

きっと悪い種が芽を出してもうさよならなんだ

 ゆるい幸せがだらだら続くだけではダメなんだと気づかされます。この曲を聞くたびに時には別れも必要なんだと気づかされます。

この曲は短いですが色々と学ばされていただいた曲であります。

 

www.youtube.com

 

まとめ

以上です。個人的に好きな卒業ソング6曲紹介していきました。どの曲も思い出がつまっておりこの時期になるたびに聞きたくなります。

この卒業ソングを聞いて興味をもっていただいたら幸いです。

そして、この時期はこの卒業ソングたちを聞いて私はいつも切ない気分になって過ごしています笑

 

 

【ライブ円盤レポ】欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~

f:id:choochoo0814:20200208225403j:plain

1月29日に発売された欅坂46の東京ドームの円盤を見ました。その感想を曲ごと、そして全体の感想をまとめて語っていきます。

欅坂の世界観のカッコよさと2期生の成長の楽しみが見れたライブ円盤でした。 

 

 

1.各曲の感想

1. オープニング

平手さんが何かを探すように歩いています。何を探しているのでしょうか。これは人によってさまざまな考察が生まれると思うのですが私はこのセトリがストーリーで角をまがるがエンディングと考えたら”自分らしさ”を探しているのかなと思いました。

2. Overture

メンバーの名前が映し出される形でのOverture。フォントがすごくカッコいいです。

3. ガラスを割れ!

最初の一曲がガラスを割れ!は個人的に大正解だと思います。最初からいきなり飛ばしてカッコいい!Rock You!のところが好きです。メンバー全員目力がカッコよくて改めて好きな曲だと感じました。

4. Dance Track

この公演ではダンストラックが何回かありますが全部カッコいいです。メンバー全員ダンス上手いです。1期生はもちろん2期生の成長も目を張るものがあります。

5. 語るなら未来を…

初期の頃の曲だけ今更ながら個人的にハマっている曲。何回も言っているけどメンバー全員ダンス上手いですね。個人的に渡邉理佐さんが気になってしまいます。

6. Dance Track

道路標識や一日の流れ(起きてから寝るまで)が次々と登場してそれに合わせてメンバーが踊るダンス。個人的に一番好きなダンストラックでした。カッコいいだけではなく可愛さもありずっと見てられます。

7. Student Dance

メンバーがスマホを持って移動したりダンスをしたりしています。恐らくメンバーがスマホで映した映像がステージに映し出されている形になっているでしょう。前のダンストラックでの一日の流れのダンスからの流れでStudent Danceは繋がっているようにも見えました。

8. Dance Track

このダンストラックはピアノの上での平手さんのソロダンスが圧巻でした。怪我しているとはとても思えないほどの出来でした。

9. エキセントリック

エキセントリックはかなり印象的でした。特に山崎天さんのねるパートの「もう、そういうの勘弁してよ」の目力は凄かったです。これからの成長が楽しみです。そして2番のキレイな川には魚は~の部分のダンスは泳いでいる魚を表しているかのように踊るダンスは個人的に歌詞の世界観を表していて好きです。瞬間移動のトリックもドキュメンタリーで流れていましたが大変そうでした。

10. 世界には愛しかない

MVと同じように傘を持って踊るダンスは圧巻でした。個人的に菅井さんの「夕立も予測できない未来も嫌いじゃない」の部分はかなり好きです。

11. 青空が違う

メンバーが気球に乗って歌っていました。ドキュメンタリーで練習の様子が流れていましたが気球の上に乗るってやっぱり怖いんですね。でもメンバーは笑顔で歌っているのにプロ意識を感じました。

12. バレエと少年

欅坂にしては珍しく?アイドルっぽい曲で良かったです。個人的に葵さんがこのユニットでは一番輝いていました。彼女はアイドルっぽい曲は似合うんだなと感じました。

13. 制服と太陽

とにかく切なさを感じる曲でした。メンバーの表情が素晴らしいです。自分の高校時代の情景がすぐに浮かぶくらいにどっぷりとこの曲の世界観に入ることが出来た曲でした。

14. 二人セゾン

この曲で”儚さ”を一番感じました。イントロといい歌詞といいダンスといい...。何人か卒業・脱退・休止しているメンバーがいる状況でこの曲を聞くと切ないです。こんなに切ない曲なのにメンバーが楽しそうに踊るのも余計に切なさを感じ取ってしまいます。

15. キミガイナイ

二人セゾンと同様に卒業しているメンバーがいる中で聞くともう切ないです。

16. もう森へ帰ろうか?

この曲はすごい綺麗な曲だと感じました。

17. 僕たちの戦争

この曲は意外と好きなんですよ。そして個人的に渡辺梨加さんのダンスが好きです。今までダンスのイメージが全くなかったのにあの上手さは驚きました。そしてユニットがモデルをやっているメンバーが多かった為モデル選抜?とも思いました。

18. 結局、じゃあねしか言えない

メンバーが自転車に乗って移動していきます。ドキュメンタリーでもやっていましたがメンバーが楽しそうにやっていました。

19. サイレントマジョリティー

しばらく切なさ・アイドル路線でいっていた流れでしたがここから急に欅坂らしいシリアスゾーンへ。

ダンスはもちろん衣装が個人的に気に入りましたね。個人的に2番の「どこかの大統領が~」の部分のダンスは好きです。

20. 避雷針

ついに来ました。避雷針のダンスは前から好きだったのでライブでの避雷針のダンスが円盤化されて嬉しいんです。

ドームの避雷針はメンバーの後ろに映し出される背景がカッコよかったです。避雷針の歌詞が次々と大きく映し出される。

そして後半に満月が大きく映し出される中で理沙と平手さんに寄り添う姿は言葉が出ないほどとても美しかったです。

21. アンビバレント

すごくダンスは激しい!でもカッコよかったです。このダンスが出来る欅坂はカッコいいアイドルだなと。

22. 風に吹かれても

この曲のダンスもカッコいいけどみんな楽しそうに踊っているのがいいですね。

23. 危なっかしい計画

メンバーが煽ってくるこの曲。みんないい煽り方です。特に小林由依さんの偽りは笑っちゃいます。

メンバー全員楽しそうで見ている方も楽しいです。

24. 太陽は見上げる人を選ばない

本編ラストにこれは泣いちゃいます。メンバーで何人か泣いているメンバーがいて見ているこっちもウルウル。

25. 不協和音

アンコール一曲目に不調和音。これは痺れます。不調和音の平手さんはカッコよすぎます。もうこれが見れないと思うと寂しいです。

平手さんはもちろんのことほのちゃんの僕は嫌だは素晴らしかったです。

26. 角を曲がる

最後はこの曲。平手さんソロ曲角を曲がる。平手さんがライブで一番最後に披露したのがこの曲と言うのも感慨深いです。

この曲で平手さんはすべてを出し切ったようにも感じました。

2.個人的に感動した点

欅坂の世界観が現れている!

欅坂の世界観がとても強く描かれていました。このライブはずっと語り継がれるライブではないでしょうか。個人的に避雷針はザ・欅という世界観で見た後の余韻が凄かったです。 

あの独特な世界観を出せるアイドルはなかなかいないのではないでしょうか。

2期生の成長が楽しみ

良くも悪くも平手さんが支配している欅ワールドとなっている為、平手さん脱退後は欅坂はどうなるんだという心配はあります。

しかし2期生の成長を見たらそんな心配はなくなりました。2期生がこれからの欅坂を作っていくんだという意思を見れた気がします。

欅坂はこれから大きく変化を遂げることになりそうですが2期生の成長を見ると良い方向に変化しそうな気を与えてくれて安心しました。

3.まとめ

以上となります。セトリといい演出といい。全てがかみ合ったからこそあの素晴らしいライブになったのではないでしょうか。

最近卒業や脱退など色々あったため見る前は心配がすごくあってこれからの欅坂はどうなるんだという不安はありました。

しかしライブ円盤を見てこれから良い方向に変化するという確信を持てた気がします。

これからの欅坂46が楽しみです。

 

 

舞台「飛龍伝2020」観劇レポ~新国立劇場で見せた菅井友香の存在感~

f:id:choochoo0814:20200209224453j:plain

 2月9日(日)に新国立劇場で舞台「飛龍伝2020」を観劇した。

とにかく熱量の凄い舞台の中で、ひときわ存在感を見せた人物がいた。

それは菅井友香だ。

彼女がアイドルということを忘れてしまう程の存在感だった。

今回はそんな存在感を見せた舞台「飛龍伝2020」を新国立劇場で観劇した感想を語っていく。

 

 

1.あらすじ

1968年春。神林美智子は高松から上京し、安保闘争の嵐吹きあれる東大に入学。全共闘斗士・桂木に恋した美智子は、突然、全共闘40万の委員長に指名される。
さらに機動隊の計画をスパイするため、機動隊長山崎と同棲することを指令され―。いつしか山崎を愛するようになった美智子をめぐって、桂木と三つ巴の火花を散らしつつ、遂に決戦の日がやってきた。

出演者は菅井友香(欅坂46)、石田明(NON STYLE)、味方良介など。

2.個人的に気になったところ

熱量の高い舞台

全体的に熱量の高い舞台でした。高速で大量のセリフ量を叩きつける感じの熱量のある舞台は見ているこっちも疲れるくらい舞台だった。

しかし出演者一人一人の熱量がよく伝わり行ってよかった舞台となった。

菅井優香の存在感

あの熱量の中で特に菅井友香さんの存在感は大きかった。あんなに長時間舞台にで続けて尚且つあの存在感を出し続ける菅井友香さんはカッコよかった。

まさに神林美智子を演じきっていた。

正義とは何か?

舞台の内容で正義とは何かについて問われるような内容だった。ネタバレになるので内容に深くは突っ込めないが、一言で言うと人物一人一人に自分が持つ正義がありそれをぶつけ合っているようにも感じた。

皆さんそれぞれ正義というものがあるから争いは生まれるし正義に答えはない。

本当に正義って何でしょうね。

下ネタが多いという批判が多いけど

感想で下ネタは多いという批判がある。しかし私はこの舞台は下ネタは必要と感じた。

 上記のツイートは飛龍伝2020の演出の岡本俊一さんのツイートです。ふと聞いた時は確かに下ネタに感じるかもしれないが、あの場面そして登場人物のキャラや心情を考えるとやはり下ネタはあの舞台では必要だと感じた。

あの舞台で遠回しでオブラートにもし言っていたらキャラや演出が一気に崩れ落ちる。だから私は必要不可欠と感じた。

3.個人的に気になった人物の演技

 菅井友香(欅坂46)

冒頭でも言ったがあの熱量の中であの存在感を出せる菅井友香さんは凄かった。私はテレビ番組で普段のキャラを知っていたのでギャップにも驚いた。

控えめの性格の彼女があんなに自分をむき出しに演技が出来るものかと思った。あの時分が想う正義を貫き通しガツガツ向かっていく姿はまさに神林美智子そのものだった。

石田明(NON STYLE)

NON STYLEの石田さんは芸人の姿しか知らないためどのような演技をするのだろうかと個人的にすごい楽しみだった。そしたらすごく良い意味で裏切る形の演技を見せてくれた。あんなに迫力のあるそして熱量と大量のセリフ量を叩きつける演技。正直度肝を抜いた。個人的に一番彼が演技が上手いと感じた。

人間はあれほどまで感情をむき出しにできるものかと衝撃を受けた。菅井友香さんの存在感は彼がいるこそ出せたのではないかとも感じた。

 

4.おまけに...舞台を観劇している日向坂46のメンバーを目撃した!

最後に「飛龍伝2020」を観劇した時のちょっとしたエピソードがある。

舞台が始まる直前にふと前を見たら3列くらい前に20歳前後くらいの女性7人組が座っていた。その時は若い女性7人で来るって珍しいなくらいしか思わなかった。

そして舞台終了した瞬間にその女性7人組はすぐにささっと逃げるように帰っていた。その時ふとその女性たちの顔を見たら名前は出てこないがどこかで見たことある顔だなと思った。でも名前は出てこない。

すごいモヤモヤした気持ちで自宅へ帰宅途中にふとTwitterを開いたらその日の「飛龍伝2020」に観劇している日向坂46のメンバーを目撃したツイートが多数書き込まれていた。

そこで思い出した。あれは日向坂46のメンバーだと。アイドルが好きな自分としては名前が出てこないのは悔しかったですが、同じ空間に日向坂46がいたとは衝撃でした。

5.感想のまとめ

とにかく言葉と言葉のぶつかり合いとも言える熱量のある舞台だった。2時間があっという間でそして終わったらどっと疲れる舞台でした。しかしあの迫力を見たらずっと衝撃が止まらない舞台となった。

あんなに素晴らしい舞台はぜひともみんなに見てもらいたい舞台だ。 

 

 

関連ブログ

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com

心を動かした欅坂46の歌詞8選を紹介!

f:id:choochoo0814:20200108223913j:plain

欅坂46にはたくさん心を動かす素晴らしい歌詞があります。

そこで個人的に心に響いた歌詞を8つ紹介していきます。

今回はあえてシングル曲以外で選曲していきます。

 

歌詞の紹介

エキセントリック

はみ出してしまおう 自由なんてそんなもん

※「エキセントリック」より 作詞:秋元康

 エキセントリックでは自分が変わり者であることについて悩んでいる曲ですが。この歌詞ではむしろはみ出してしまおうと言っています。更にその方が自由だと言っています。変わり者は周りから色々言われますがむしろ周りに合わせていないから自由です。変わり者でも大丈夫だしむしろ今のままでいいという安心感を与えてくれる歌詞です。

 

キレイな川には魚はいないと したり顔して誰かが言うけど

そんな汚い川なら 僕は絶対泳ぎたくない

※「エキセントリック」より 作詞:秋元康

 少しくらい汚れている方が人間的に魅力はあるし、この世界は汚れているものだ言っている人もいます。でもそんな少し汚れている方が魅力と言われていても絶対にそんな汚れている世界に行きたくないという意思がこの歌詞に現れています。

そんな強い決意に心が動かされました。

 

避雷針

古着が好きなのは 知らない誰かになって

本当の自分を隠して 演じてみたいだけ

※「避雷針」より 作詞:秋元康

 自分自身が嫌いがゆえに自分を隠して、作っている自分のキャラを演じている様子が古着が好きで上手く表現されています。この比喩表現はとても上手いと感じました。

 

いくつの扉を閉めたり 鍵をかけて引きこもってじっとして

ただ儚すぎるこの若さ萎れるまで 使いきれず持て余す時間 過保護な夢をころすだけだ

※「避雷針」より 作詞:秋元康

 嫌われたくない、人と関わりたくないという様子、そしてその為にただ何もせず時間を消費している様子が歌詞に上手く表現されています。

いくつもの扉を閉めたり鍵をかけて引きこもってじっとしては

 

キミガイナイ

本当の孤独は
誰もいないことじゃなく
誰かがいるはずなのに
一人にされてる この状況
※「キミガイナイ」より 作詞:秋元康

孤独は色んな意味や解釈が出来ますがこの歌詞が一番の孤独の意味を表していると感じた。本当の孤独は誰かがいるのに一人にされている状況こそが孤独というのが孤独の本質ではないでしょうか。

 

大人は信じてくれない

大人は信じてくれない
こんな孤独でいるのに
僕が絶望の淵にいるって思ってないんだ
※「大人は信じてくれない」より 作詞:秋元康

特に学生は孤独について深く悩んだりするものです。でも大人になるつれ学生の時に悩んでいたものを忘れていきます。そして学生の時は大人は何も分かっていないと思ったりするものです。その様子が上手く描かれているように感じました。

 

月曜日の朝、スカート切られた

死んでしまいたいほど 愚かにもなれず
生き永らえたいほど 楽しみでもない
もう持て余してる 残りの人生
目立たないように 息を止めろ
※「月曜日の朝、スカートが切られた」より 作詞:秋元康

これは社会の絶望について一番うまく表現されていると感じた。ただ淡々と何の楽しみもなく働いている人はいると思います。そんな人は死んでしまいたいと思う暇もなくだからと言って生きたいほどの楽しみもなく、ただ毎日を淡々と過ごしているだけです。

このよう社会の絶望が表現されています。

また残りの人生を目立たないように息を止めろも生きにくい社会を上手く表されています。出る杭は打たれるという言葉があるように目立つと指摘され生きにくい背かいとなります。そのような表現も含め素晴らしい歌詞と感じる。

 

ヒールの高さ

ヒールを脱いでしまったら きっと楽になるのに
ちゃんと我慢をするが大人
うま先が痛くなって来て もう遠い場所には行けないよ
※「ヒールの高さ」より 作詞:秋元康

これは大人になるにつれ子供の時の自由さが失われていく様子が上手く表現出来ていると感じた。辛くても我慢するのが大人であり、自由さと気力がなくなって遠くにいくことが出来なく来ている様子が上手く歌詞に落とし込めていると感じた。

 

 

まとめ

以上となります。欅坂46にはもちろんシングル曲にも素晴らしい楽曲がありますがカップリング曲やアルバム曲にも素晴らしい歌詞をもつ曲があります。

歌詞にも注目しながら欅坂の曲を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

 

関連記事

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com

「友達が少ない」のコメントに対して日向坂46潮紗理菜さんの回答が素晴らしすぎる件について

f:id:choochoo0814:20200112140431j:plain

紅白にも出場し最近人気が急上昇している日向坂46。

その中にに潮紗理菜というメンバーがいる。潮紗理菜さんは「日向坂で会いましょう」というバラエティ番組で、よく物を持ち出してくる変わっているキャラとして最近定着しつつあるメンバー。

 

f:id:choochoo0814:20200112140449j:plain

しかし去年行われたSHOWROOMの配信で視聴者からの「友達が少ないです。どうしたらいいですか。」というコメントに対しての回答があまりにも感動したので、その話している内容を文字起こししてみました。

 

www.youtube.com

 

日向坂46潮紗理菜さんの回答の文字起こし

以下は話している内容を文字起こししました。

※書き起こし時に読みやすいように一部文章は体裁している為、実際話してる会話とは一部違う言い方になっています。 

しかし話の内容自体は変わってない為、安心してください。

 

潮紗理菜友達が少ない?そんなの関係ないよ。

友達は多ければ多いほどいいとは私はそこまで思ってなくて、もちろん世界中の人と友達になりたいけど。

でも何でも話せる人、相談とか自分はこういう事が楽しくてこういう事に悩んでるとか言える人が私は友達だと思うので。

身近にいなくても、例えば芸能人の方でも会いに行って直接話せる人、この人だったら何でも話せるって思ったらもうそれは友達と思うので全然良いと思います。人それぞれだし。

私でよければ全然友達になりますし、なりましょう!

人生色んな事あるけど色んな事があるからこそ楽しいって思った方が楽しいですよね。

例えば、ちょっと嫌なこととか苦しいことがあってドーンって落ち込んじゃったとしても、そしたらその分これくらい嬉しいことが沈んだ分これくらいまで嬉しくなれるけど、ずっとこう(嬉しいまま)だったらこれ(沈んだ分)の嬉しさに気づけないし。

ここ(沈んだところ)にいるからこそ、この嬉しさに気付く事が出来るから物は考えようですね!

人生長いですからね。やりたいと思ったときにそのことを一生懸命全力でやったらきっと幸せは後からついてくるので、もし今辛いこととか悲しいこととかがあったとしても心を強く持って。

たぶん私人生においてみんな幸せや楽しい事とか同じくらいくると思っているので、ちゃんといい子にしていればね。

それ(幸せ)が一気に来る人もいれば、安定してテンポよく来る人もいれば、後からガってくる人もいるから誰にも分らないし、自分でも分からないからとりあえず毎日一生懸命ね今日もありがとうって。

なんか、ね。なんかしみじみしちゃった。

そう私で良ければ全然相談に乗りますし、全然私で良ければですけどね。ねー感謝ですね。こうやって普通にご飯をいただいて普通にこうやって寝て起きて、安心して寝て安心して起きられるというのも、ある人からしたら幸せな事だし。

本当に一つ一つありがとうって感謝の気持ちを持って過ごしていたら、きっとハッピーになれるんじゃないかなって私思いますけどね。

まあ本当に十人十色なので百人いたら百人皆違う事思うと思うし。

でもそれが百人いて百人違ってみんな良いので、そういうのを尊重し合いながらみんなで楽しく時間を過ごしていけたらいいなと思いますね。」

 

 まとめ

以上となります。元々悩み相談の為の配信ではないのにコメントでたまたま流れてきた一人のファンの為にこんなに一生懸命に相談に乗ろうとする優しさ。こんなことされたら一生推し続けてしまいますね。

潮紗理菜さんは最近番組ではいじられて元々持っていたトーク力を発揮して番組を盛り上がていますが一番の潮紗理菜さんの魅力はこういう優しさではないでしょうか。

実は他のメンバーのブログに潮紗理菜さんの優しさに救われたという話が頻繁に出て来ます。

例えば以下は日向坂46加藤史帆さんのブログです。

f:id:choochoo0814:20200113114024j:image

このようにファンだけではなくメンバーにも優しくしたおり改めて潮紗理菜さんの優しさが出ている。

このように普段メンバーに優しくしているところがSHOW ROOMの配信にも出てきたのではないでしょうか。

現在のアイドルに様々なキャラのアイドルが存在する。しかも可愛いだけでなく際立ったキャラを持ち出してないと目立てないし売れることは出来ない残酷な世界になっている。

しかしファンが望んでいるのはそういった際立ったキャラではなくファンに対する優しさやファンサービスではないでしょうか。

もちろん可愛さやパフォーマンス、バラエティ能力も重要ですが、やはり今も昔も変わらずファンを大事にするアイドルが一番人気が出る気がしますし、やはりファンからしたら嬉しいですよね!

今後も潮紗理菜さんに注目していきますし、この優しさが報われる気がすると確信を持てた出来事でした。

 

 

以下は坂道関係の記事

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com

個人的に2020年注目のアーティストを4組紹介!

2020年になった。

今年最初の投稿は個人的に今年注目しているアーティストを4組紹介していく。

どのアーティストも素晴らしいので期待している。 

 

 

緑黄社会

f:id:choochoo0814:20200106224828j:plain

2012年に結成した男女4人組のバンド。歌唱力が高く最近ではドラマの主題歌となりブレイクの予感を感じさせるバンド。

切ないバラードからライブで盛り上がる曲まで様々なタイプの曲がある。

老若男女様々な世代に受け入れてもらえるような曲であるため今後人気が出そうだとひそかに期待しているバンドである。
 

www.mousemusicblog.com

www.youtube.com

 

ずっと真夜中でいいのに

f:id:choochoo0814:20200106224842j:plain

最近人気が急上昇している音楽ユニットずとまよこと「ずっと真夜中でいいのに」。レビューしてわずか2年目でZepp系列のライブハウスを完売させている。

もちろん歌唱力も素晴らしいが個人的に歌詞が好きで注目している。

重めでどこか闇を感じるような独特の歌詞が好きである。どのような想いで曲を作ったのか歌詞を考察したくなるような歌詞。その歌詞がずとまよには魅力を感じる。

 

www.youtube.com

 

マカロニえんぴつ

f:id:choochoo0814:20200106224859j:plain

2012年に神奈川県内の大学で結成された4人組のバンド。私だけではなく各テレビ局や音楽雑誌でもブレイクすると思うアーティストとして掲載されたり各音楽フェスに多く出演したりしている為に意外と知っている人も多いのではないでしょうか。

このバンドの魅力は耳に残りやすい綺麗なメロディーとフレーズではないかと感じる。どこか懐かしくそしてまた聴きたくなる曲を作るマカロニえんぴつ。今後に期待する。

 

www.youtube.com

 

ヨルシカ

f:id:choochoo0814:20200106224914j:plain

最後に紹介するのは2017年に結成されたヨルシカという男女2人組のロックバンドである。

個人的にヨルシカは歌詞に注目している。私は重めの曲が好みである。そしてヨルシカは重めの歌詞の曲が多い。その為個人的に歌詞が好みという意味で注目している。

もちろん魅力は歌詞だけではない。綺麗なメロディーやMVの世界観も魅力的だ。当ブログでMVの考察を書いている私からしたらMVはとても重要な要素と考える。

その為綺麗なMVを描いているヨルシに魅力を感じる。

今後ヨルシカはどのような世界観を描くのか期待している。

 

 

以上、2020年注目のアーティストを4組紹介しました。どのアーティストもブレイクしてほしいものですが注目している割にはまだどのアーティストもライブに行ったことがない為ライブにも参戦して注目のアーティストのライブの世界観を感じ取っていきたい。

 

www.youtube.com